So-net無料ブログ作成
今週の問題点 ブログトップ

最後の問題点2 [今週の問題点]




最後の問題点2:



1)このままの方向で続けるなら、もう、評価しない。

的な事を、2年前くらいから、ちょこちょこ言われている。

これに、対する覚悟みたいなものは、
今後の作品を観てもらえば、解ると思うので、、、、

ただ、言える事は、
今を正直に、真実を表現したい(40過ぎて、これは、ぬるい!)。
勝ち組には入れないかもしれない。
しかし、真実なら、生き残れる確立は上がる。

あ〜そうか、
勝つ事を考えてないんです。
勝つ事考えなければ、負けないので。

オセロで例えると、負けても、自分の色が残ればいい。
だからこそ、角を取りたい。
そこを取るためには、真実であり続ける」しかない、と思っていて、
それが、結局、残る事」とも思っている。

勝ち負けを意識しないと、上に行けないし、
そうじゃない場合は、環境や、周囲の人の影響を考えないと。
って言われたりもする。

正しい!  

ぬるいのは、なんとかした方がいい気もする。

2)作品が自立していない。

有馬の作品は、一枚持っても、しょうがないので、3枚買うよ。
何で、本人がいるの?
全体が作品?
何十枚も観てると、ハマる。

などなど、

実は、今までは、ネガティブに考えてたので、
いやいや、一人でも十分に、立派な子ですよ!って言ってったんだけど、
それを、出せば出すほど、ネガ部分が増幅だ。

よくよく考えてみれば、
成り立ち、とか、コンセプトからして、共生、関係、不二(論)とか、自立志向ではない!
ドローイングに興味をもってるのも、そこに繋がってるからだ。

だいたい、今回の様な展示しといて、自立って!
って、
考えて行くと、、、、

認め、自覚するしかない。
私の作品は一枚では自立しない。

書いちゃった。

うわ〜ちょっと、何か楽に成った。

そうなると、これからの作品の説明が凄く楽だ(たぶん)。
展示もそうだ、ネガの部分を隠さなくても言い(たぶん)。

そうか、
自立させたい」って思いが印鑑問題を発生させたのかもしれない。
http://kaoruarima.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301328169-1

なんか落ちた。

次は、どんな絵を描くんだろう。
楽しみ。

と、

いつまでも楽観できない。
貯金残高2万切った。

大丈夫だ!何とかなる!俺はツイている!
って言ってみる。




おしらせ:

ARTINFO に展覧会のレビューが載りました。

http://www.artinfo.com/news/story/35992/karou-arima/

By Tamsen Greene


ちゃんと、伝わってるんだ!って思うと素直にうれしい。


文中に mannerism(マニエリスム)って出てくるんだけど、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A0
マンネリの語源だそうです。




ART IT : http://www.art-it.asia/u/admin_expht/dnkXbvhNIx57BHj2wVu1


最後の問題点 [今週の問題点]



最後の問題点


暑い、暑い、台風、蚊、晴れ!、雨。
外に繋がってる会場なので、もろに、影響ウケた。

現在、疲れが溜まってたのか、
風邪中。

この「最後の問題点」は、改めて、、、



5週目の問題点 [今週の問題点]



5週目の問題点

うれしい事に、今週は無い。
というか、疲れてて、もう、どうでもいい。

ありがたい事に、来場者数、購入者数が今週に入り急増!
その結果、
当然のように、作品を雑に扱う人の増加!
ドキドキする。

全部ドローイングなの!?と、さっさと帰る人が気持ちいい!
いや、ホント、数あるから、無理して観なくて良いです。って喉から出そうに成る。

あ、問題点あった!

学芸員の方から、どう扱われたいの?って聞かれた。
色々やりすぎてるから、扱い方が、わからない。な、感じの事。

国内で、ほぼ扱われてないから、うすうすは感じていたけど、
実際言われたのは、始めてだったので、ドキドキしてしまった。

解決の方法は、一つしかない。
自分の生き方は変えられない。

何が作品なの?
全部!、は子供っぽいな、どうしよう。

スタイル。

に集約されていくのかな。

で、
>こんな事があった。

品があって、裕福(らしい)女性に、作品の説明をしていた時の事。
貧:色々あるのは、自己否定をすぐしてしまって、別の何かを探してしまうか、、
品:それは、違う!新しい可能性を求めたんでしょ。

凄いと思った。同じ事なんだけど、真逆。
自虐発想をキッパリ否定!して、ポジティブ発想!

目から鱗。
ああ、こうやって生活していくんだって思った。

自虐発想って、いったん、マイナスに入って、それをバネにして飛ぶ発想。
もし、その場から、飛べる力を持っていたら、エネルギーの無駄使いだ。

ただ、
皆から馬鹿にされて、暗示にかかり、「自分はダメ人間」と思っていて、
それでも、変わりたいって思った時、自虐発想しか、ないんだよね。
笑いにする様に。

しかし、それに、縛られていた!
自分に甘えていた。

あなたは、ツイていますか?と聞かれて、「はい!」とキッパリ言える強さが欲しい、な。

まあ、別のは付いてるんだけど、悪霊とか、

あ、出ました!自虐!

こんな、とこかな。





4週目の問題点 [今週の問題点]



4週目の問題点

はい!一言、

疲れたまってます。

今週から、水曜日もオープンします。

雨雨で、晴れ!
雨の中来ていただいた方!
ありがとう!
土曜日は、さすがに、いつもよりは鑑賞者が!
ありがとうございます。

今週は、私を知らない方が多く来場。
そこで、発見。
名前覚えてもらいたいのに、
後で反芻する資料(DM、プレスリリース)が無い。

たまたま、来場された方に対しての、
案内、誘導が、考えてなさすぎ!
またでた!悪い癖。
あれほど、新人のつもりで!と考えてたのに。
反省。

さて、あと2週。
疲労の問題もあるけど、
他にも問題あり過ぎだ。
いろいろ、
覚悟を決める週がやってくる!




3週目の問題点 [今週の問題点]





3週目の問題点

涼しく成って来たので、後は蚊の問題。
ベープ導入後、彼らの動きが鈍く成って来たので、
ゲットしやすい。

ずっと、来場者の数が少ないと、思い、しゃべって来たけれど、
待てよ、
何と比較してるの?俺。

ゼンシのいつもの動員数知らないし、
他のギャラリーの動員数しらないし、
あ〜、
いつものヤツでたかな。
自意識過剰。

だって、暇なんだもん!(「もん」って言っちゃた!よ)

知人が「この展覧会で、人が入らないのはおかしい!、
微力ながら、力になります!」って言ってくれたのには、
泣きそうになった。

+

暇っだったので、
人前で描く練習かねて、一筆書きの顔を描いてみました。



arima kaoru-natural freedom 037.jpg



一筆描き動画(39秒):

http://www.youtube.com/watch?v=MM5FKmD63uM&feature=channel

カメラマンは、ゼンシさん。
ちなみに、頭に写ってる白い点はイボです。




2週目の問題点 [今週の問題点]




台風のせいか、先週よりは涼しい。が、
蚊が大量に発生!
拝むように手を叩く。
なむ。

今週は、あきらかに、私の作品に興味の無い人が多かった。
同業者の評判は悪く無い感じなんだけど、
やっぱり、まだ、好きな人は好きって絵から抜け出してないのかなぁ。

あ、そうだ、新聞紙の作品は去年より評判いいんだよな。
やはり、この仕掛けは、ありだな。
文人画ベースの作品と西洋画ベースの作品の比較。

仕事(美術)関係者がほぼ来場ないので、何とかしないと、
観てもらわない事には話にもならない。
めげずに、何か考えないと。

そして来週、少しは涼しく成ればいい。




1週目の問題点 [今週の問題点]





夜に成っても暑い。蚊が多い。は、ここで、今更だからな。

次にいこう。

作品をめくる事が、面倒だ!と言う意見。
>まあ、暑い中、ギャラリー巡りの途中によって、
>この展覧会は、たしかに、きついかもしれません。
>いや!きついはずです。

ここで、注意しないと行けないのは、それが面白い!と言う人もいるって事。

経験上、表現が鋭いほど、良い悪いが分かれ、良い作品ほど無関心が減る。
普通は、どっちでもいい、気にならない」が80〜90%で、
残りの方がよくも悪くもリアクション。
テレビの視聴率や苦情も同じだと思う。
究極、好き嫌いがキレイにに割れる。

なぜなら、言いたい事は伝わっていて、それを受け入れるかどうか!になってくるから。

好きな人は、自分で解釈し、
嫌いな人でも、建設的なら、理由を知って納得しようとする。
ここで、話が巧ければ、説得も可能だろう。
嫌いなものは嫌い」はしょうがないです。
自分もそうだから。


>まあ、いいや、まとめよう。


結局この問題の一つは、作家の伝えたい事は、
一点一点額に入れて、見せないと説得力がないよね!って事だと思う。

で、例えば、「この空間を、一つの作品として観てください。」って言ったとする、
じゃあ、「この絵は、一枚では作品として成り立ってないんだね!」って話に成る。

ここにドローイング問題が出てくる。
ドローイングを一枚の絵画として、認められる人と、
ドローイングは、ひと山いくら」でしょ。
もしくは、下書き(や、らくがき)って考えだ。

私の結論から先に言えば、ドローイング作品(と、言うか「線表現」)は境界表現だと思っています。
なので、答えは「両方の可能を持っているが、どちらにも到達しない。」
私だけの答えかもしれませんし、私が求めているだけかもしれません。

矛盾しているかもしれませんが、矛盾は言葉のセカイにしか存在しないと思っています。
なぜなら、目の前には(行動を起こせば)真実があるから。

それが矛盾に見えるのは、なぜなのか!?の方が面白い!ので、
そこを線で引っ張ってるのかもしれません。


>で、それに関係がある、問題が発生!
この問題は、10年前から、私も気になっていて、
異常にそこに、食いつく人がいて、私にはまったく理解できなかったんだけど、
まあ、微調整は、その都度してたんですが、

友人が、切り込んで来た、おかげで解明!
ただ、今は書けません。
友人の名前も書けません。

ほとんど人は気になりませんが、
その問題を知ってしまうと、
気になってしょうがなく成ってしまうから。
名前を書けないのも、
その人に、何話したのぉ〜」と聞いてしまうから。

そんなわけでこの問題は後半に書きます。





皆と、
話すのは楽しいです。

強度があがります。

感想を言ってくれる皆様ありがとう。

日本語は、最後に「良い悪い、好き嫌い」がくっつくので、
いつも最後までドキドキしています。





今週の問題点 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。