So-net無料ブログ作成
検索選択

最後の問題点2 [今週の問題点]




最後の問題点2:



1)このままの方向で続けるなら、もう、評価しない。

的な事を、2年前くらいから、ちょこちょこ言われている。

これに、対する覚悟みたいなものは、
今後の作品を観てもらえば、解ると思うので、、、、

ただ、言える事は、
今を正直に、真実を表現したい(40過ぎて、これは、ぬるい!)。
勝ち組には入れないかもしれない。
しかし、真実なら、生き残れる確立は上がる。

あ〜そうか、
勝つ事を考えてないんです。
勝つ事考えなければ、負けないので。

オセロで例えると、負けても、自分の色が残ればいい。
だからこそ、角を取りたい。
そこを取るためには、真実であり続ける」しかない、と思っていて、
それが、結局、残る事」とも思っている。

勝ち負けを意識しないと、上に行けないし、
そうじゃない場合は、環境や、周囲の人の影響を考えないと。
って言われたりもする。

正しい!  

ぬるいのは、なんとかした方がいい気もする。

2)作品が自立していない。

有馬の作品は、一枚持っても、しょうがないので、3枚買うよ。
何で、本人がいるの?
全体が作品?
何十枚も観てると、ハマる。

などなど、

実は、今までは、ネガティブに考えてたので、
いやいや、一人でも十分に、立派な子ですよ!って言ってったんだけど、
それを、出せば出すほど、ネガ部分が増幅だ。

よくよく考えてみれば、
成り立ち、とか、コンセプトからして、共生、関係、不二(論)とか、自立志向ではない!
ドローイングに興味をもってるのも、そこに繋がってるからだ。

だいたい、今回の様な展示しといて、自立って!
って、
考えて行くと、、、、

認め、自覚するしかない。
私の作品は一枚では自立しない。

書いちゃった。

うわ〜ちょっと、何か楽に成った。

そうなると、これからの作品の説明が凄く楽だ(たぶん)。
展示もそうだ、ネガの部分を隠さなくても言い(たぶん)。

そうか、
自立させたい」って思いが印鑑問題を発生させたのかもしれない。
http://kaoruarima.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301328169-1

なんか落ちた。

次は、どんな絵を描くんだろう。
楽しみ。

と、

いつまでも楽観できない。
貯金残高2万切った。

大丈夫だ!何とかなる!俺はツイている!
って言ってみる。




おしらせ:

ARTINFO に展覧会のレビューが載りました。

http://www.artinfo.com/news/story/35992/karou-arima/

By Tamsen Greene


ちゃんと、伝わってるんだ!って思うと素直にうれしい。


文中に mannerism(マニエリスム)って出てくるんだけど、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A0
マンネリの語源だそうです。




ART IT : http://www.art-it.asia/u/admin_expht/dnkXbvhNIx57BHj2wVu1


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。