So-net無料ブログ作成

印鑑問題 [印鑑問題]




印鑑問題:

15年前(かなり最初)から、作品に印鑑を押していた。
浮世絵の影響だ。
最初は、無意味に複数の印鑑をおしていたぐらい。

で、新聞紙の作品。
印鑑いらないんじゃないの?って意見が出始めた。
さらに、ネットで、
こともあろうに、日本画の様に印鑑が押してある、自意識過剰すぎ」って、
感じのを見た。

しかし、印鑑の朱色も作品の一部と考えていたので、
そういう人もいるんだなぁ〜。ぐらい、
実際、それが良いと言う人もいたし。

数年後の新聞作品。
絵の中に印鑑があって、成立させるのは「どうかな?」と思い出した。
そして、絵の外に、印鑑を出す。
すると、絵だけで、朱色のインパクトを出さなくてはいけない。
これが、新聞紙の作品以外を描ける様に成っていく、始まり。

そして、今回の作品は、ほぼ左下に印鑑を押した。
「。」の様に。

そして、、!

この展示に対して、この印鑑は「無い方がいい」が飛び出す!。
>展覧会の説明をする」
なおさらおかしい!違和感がある。
遠近法の逆」っていうなら、この印鑑はおかしい!
一枚一枚観せるなら、いいけど、
束で観せてて、印鑑はない。

さらに、色々聞いてみると、全ての謎が解けた。

印鑑は証明書とか、保証人とか、一つ一つが重い。
命の契約だ。
その印鑑が押してあるのに、この扱い、そして、この量!。
いいかげんにしろ!ってことだ。

で、

日本画の様に、、、の怒り」も解る。

印鑑に対して、思い入れの深い方達の存在。
いままでの、印鑑に対しての、相手のいらだちが、すとんと理解できた。

高校の授業で書道があり、印鑑を作る授業をした。
私はそこで、切ってはいけない線を切った。
結果。
5段階評価の「2」。
それは、無い!と思った。遊んでいたわけじゃないし。

だからこそ、
モノの価値はそんなものではない!
俺はこれを使い続けてやる!と誓った。
まあ、復讐です。

でも、その人に言わせれば、
印鑑はそれほどに、厳粛なモノだから!って話になる。

納得。
そして、印鑑を使い続ける理由が復讐なら、
無くてもいいだろう。

そして、もうひとつ。

実際問題、作品に判子を押すのは、現在の唯一の縛り。

理由は上記の問題もあるし、
ドローイングの今ある存在の仕方の問題もある。

印鑑は「私が作品と認めました。」という証。

じゃあ、どうすんの?

まあ、

自由でなくては、いけない!」は、縛り」であって、もはや自由ではない。
と、同じ理屈で、

印鑑が必要な時は押せばいい。

押す事に縛られない事。
押す事に流されない事。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。